• 社会福祉士

    by  • 公務員系

    社会福祉士の仕事

    病気や障害などで、日常生活を送るのが困難にな場合、また、家族や身内のそのような人がいる場合の支援などの相談を受ける仕事が社会福祉の仕事です。
    病気・障害の有無に関わらず、誰もが最低限の暮らし、自立した暮らしを送れるように、生活のサポートをします。
    ジャンルとしては、高齢者の介護、障害者支援、生活保護、児童福祉などで、社会的な弱者と呼ばれる人が安定した生活を送れことを目指します。

    福祉分野

    福祉分野のエキスパートである社会福祉士の仕事。
    病気、障害を抱える人、もしくは家族にそのような人がいるなどの場合、生活する上で必要なサポートや支援を受けることができます。
    またこれらは、無料もしくは一部負担で受けることができます。
    知っているのと知らないのとでは大違いです。

    1人で抱え込まずにうまく社会福祉士を頼るのも生活を豊かにする第1歩です。
    社会福祉士は、福祉に関することの相談に乗り、適切な支援ができる施設やサービスを提示することが仕事で、相談内容には、介護保険制度の仕組みや、適用範囲、障害者自立支援給付や補助金制度の申請可否、福祉施設の入居に関することや介護士の要請方法など多岐にわたります。

    福祉にかかわる総合的な仕事

    社会福祉士の仕事内容は、相談を聞くだけではありません。
    相談を受けたその内容に関して、解決すべく援助の計画を立てます。
    そして、その援助が受けれるように、関係施設などと連絡を取り、打ち合わせや評価を行います。

    うまくいくことが分かったら利用者やその家族と連絡をとし、申請や手続きを行います。
    勤務場所としては、老人ホーム、障害者施設、養護施設、公務員の場合、市役所や区役所の障害福祉課に勤務することが多いです。
    いずれの場所でも、福祉に関する相談を聞き、解決するための方法を考えることになります。

    資格の取得方法

    社会福祉士になるには国家資格が必要です。
    誰でもが受験できるわけではなく、4つのどれかを満たすことが義務付けられています。

    1つは、福祉系の4年制大学を修了することです。
    2つは、福祉系の短大を修了し、実務を2~4年経験することです。
    3つは、一般の4年制大学を修了し、一般養成施設に1年以上通学することです。
    4つは、一般の短大を修了し、実務1~2年経験に加えて一般養成施設に1年以上通学することです。

    この4つのどれかをクリアすると受験資格が与えられます。
    早いうちから社会福祉を目標にしているのであれば、1もしくは2が良いですね。
    また、1の場合は大学の講義内で社会福祉士試験に必要な内容が含まれるので、比較的簡単に資格を取り易いですし、卒業と当時に受験資格を得ることができるので、最速で資格を取得でき、就職先もきまりやすくなります。