ホテルで働く仕事

観光やビジネスなどで町に訪れた人が利用するホテル。
このホテルで働く職員のことを、ホテルスタッフといいます。

ホテルは宿泊や食事、くつろぎを提供する、日常とは違う空間です。
お客様がホテルで過ごす時間を快適に、そして安心して過ごせるように気を配り、行き届いたサービスを提供することで、お客様に満足感を抱いてもらえるよう業務を行います。

ホテルスタッフは様々な部署に分かれ、それぞれの役割を果たします。訪れたお客様を玄関でお迎えするドアマン、お客様のチェックイン・アウトを担当するフロント、客室まで荷物を持って案内するベルスタッフ、お客様の希望するサービスが受けられるお店や施設などを紹介するコンシェルジェ、お部屋を整える客室係など、多種多様な業務があります。

そのなかでもイベント系の業務といえば、結婚式の披露宴やパーティなど宴会の支度をするバンケットスタッフです。

イベントを運営するバンケットスタッフ

バンケットスタッフはホテル経営の要ともいえるイベント運営係です。
食事の用意を中心に、イベントが滞りなく進行し、お客様に楽しんでもらえるよう様々なサービスを行います。

レストランでの調理を行うコック、料理や飲み物を運ぶウエイターやウエイトレスといったイベントで直接サービスを提供する業務だけでなく、季節ごとのイベントやブライダルプランなど催事のプランニング、販促、営業なども行います。

外国人のお客様が利用されることも多いので英語能力が求められますし、質の高い接客サービスやマナーに加え、企画提案力、営業力、コミュニケーション能力が求められるやりがいのある仕事です。

そしてこれらのスキルに加えて、バンケットスタッフはレストランの経営者といった感覚も求められます。
お客様がホテルのレストランに何を求めて来店されるのか、ニーズを正確に把握し、満足度の高いサービスやプランを提案する必要があるからです。
このため料理はもちろんのこと、ワインなどの飲み物の知識も必要となりますし、現在のトレンド、近い将来に流行しそうなものなどを敏感に察知する能力、マーケティング力、情報収集力も必要です。

これらのスキルが身につけば、ホテルはもちろんのことブライダル業界や飲食業界でも活躍できますし、ゆくゆくは資金を貯めてレストランのオーナーになるという道もありますね。

よりステップアップするためには、テーブルサービスの資格「レストランサービス技能検定」の取得をおすすめします。
この資格があると、転職活動も有利に進められます。
このほかにもアシスタント・ブライダル・コーディネーター検定やソムリエ、サービス接遇実務検定、マナー・プロトコール検定などの資格も役立ちます。