ツアーコンダクター

ツアーコンダクターの仕事とは?

ツアーコンダクターは、旅行好きの人におすすめのイベント系の職業です。
団体旅行に同行し、参加者が安全に旅行を楽しめるように、さまざまなお世話をします。
観光案内、現地でのイベントや食事などの手配、宿泊施設でのお世話まで旅行の全行程において、参加者が満足できるようにサービスを提供するのが仕事です。

旅先では病気やけが、盗難など突発的なトラブルが発生することもありますし、海外旅行の場合は出入国の手続き、宿泊施設のチェックインやチェックアウト、おすすめのお店などショッピングのアドバイス、待ち合わせ場所や待ち合わせ時間の説明など、息をつくヒマもなく業務に追われます。

参加客の安全を守るためにも、一瞬でも気が抜けない仕事ですが、国内や海外に旅行できる、参加客と触れ合える、旅先で知り合いができるなど、苦労を上回る感動が得られる職業です。

この仕事に携わる人には、旅行中にトラブルが起こっても冷静に対処できる判断力や、トラブルを回避するためのリスク管理能力が求められます。
体力的にもハードなので、自分の体調管理がしっかりできることも大切です。

英語の会話力は必須ですが、このほかにも旅行先の国の言葉や風習などを知っておくことも大切です。
日本では許されることでも、国によってはマナー違反となることがあるからです。
そして、参加客に対して細やかな気配りができ、常に笑顔で接することができる明るい性格の人がツアーコンダクターに向いています。

ツアーコンダクターになる方法は?

ツアーコンダクターは旅行代理店に就職して会社員として働く方法のほか、ツアーコンダクターとして添乗員専用の派遣会社に登録して働く方法もあります。
最近は旅行代理店からの求職が減っており、旅行代理店に就職するよりも、派遣会社に登録して働く人が増えているのが現状です。

旅行代理店で勤務する場合、大手旅行会社では営業や各種手配、添乗など業務を社員が分担して行い、ツアーコンダクターは添乗員として働きます。

しかし大手以外の旅行会社の場合は旅行先で必要な各種手配から添乗まで、団体旅行のすべてを行う必要があります。大変ですが、団体旅行をプロデュースするのは、とてもやりがいのあることですね。

ツアーコンダクターとして働くためには、一般旅程管理主任者の資格取得が義務付けられています。
この資格は未経験では取得出来ないので、旅行会社に就職したり、派遣会社に登録して、実際にツアーコンダクターの元で働いてから資格取得する事になります。

資格を取得するためには机上での実務講習と、実務研修に参加しなければいけません。
かなりハードな内容ですが、この資格を取ることで、ツアーコンダクターとして一人で団体旅行に添乗できるようになります。