ウエディングプランナーの仕事とは?

イベント系の仕事の中でも人気の高いのが、ウエディングプランナーです。
これから結婚式を挙げるカップルやご家族のサポート役として結婚式を計画し、滞りなく式や披露宴が行えるよう、さまざまなサービスを提供します。
予算や希望の日取り、どのような結婚式を望んでいるかなどお客様のニーズをヒアリングし、希望を満たすよう結婚式をプロデュースしていくのが仕事です。

一生に一度の晴れ舞台、新たな人生の門出となる結婚式は、とても大切な儀式です。
挙式のあとに親しい人やお世話になった人を招いて行われる披露宴についても、夢やこだわりを持っている人が多いのも特徴です。
この大切なイベントを成功させるカギを握っているのがウエディングプランナーですから、責任は重大ですね。

招待状の手配、結婚式や披露宴での衣装、披露宴で出す料理、会場を華やかに彩る生花、挙式の象徴となるウエディングケーキ、お客様にお渡しする引き出物など、式の当日までに準備しておかなければならない事柄はとてもたくさんあります。

挙式の当日までに何度も新郎新婦と話し合い、細かな点まで漏らさずに打ち合わせをしながら準備を進めていかなければいけません。
そして式の当日までに準備万端整えて、ハレの日を迎えます。
いよいよ本番になると、失敗は許されません。
計画通りに結婚式や披露宴を進めていけるよう、細心の注意を払いながら式や披露宴の進行を指示していきます。

このようにウエディングプランナーは、結婚式の最初から最後まで、総合的にプロデュースするキーマンとなります。
結婚式全体をプロデュースしていくので、イベントを作り上げていくアーティストとしての満足感が得られますし、新郎新婦の晴れ舞台に立ち会えるという感動が得られる職業です。

ウエディングプランナーになる方法

ウエディングプランナーになるための、特定の資格はありません。
企画立案力やマナー、接客力、営業力、コミュニケーション能力などさまざまなスキルが求められますが、このような資質が備わっていれば誰でも就ける職業です。

特に求められるスキルが、話を聞く能力です。
お客様が望む通りの結婚式や披露宴を実現するためには、新郎新婦がどのような式を挙げたいと希望しているのかをしっかりと聞き取るヒアリング能力が不可欠だからです。
そして新郎新婦と同様に、素晴らしい結婚式にしたい!という熱い情熱を抱ける人であることも大切です。

ウエディングプランナーの仕事は利用者の希望を聞く事から始まります。
ヒアリングした内容をもとに、最適なプランを立てて、挙式までにさまざまな準備を段取りよく進めていく能力も必要です。
人を喜ばせる事が好きな人、面倒見のいい人に向いています。