マネージメントの能力

これからのITは、より大きなプロジェクトもいろいろと出てくる可能性は高いです。
場合によってはIT部門だけでなく、他の部門にまたがってプロジェクトを推進する必要が生じる可能性も十分にあります。

そこで必要とされるのは、マネージメント能力です。
リーダーとして、他部門にまたがった意見の集約をして、どのような方針でビジネスをしていくかということが重視されます。

またITはまだ登場して期間の浅い部門といえます。
そこでIT部門に携わるスタッフを見てみると、20~30代の若手が多いです。
今後は、20~30代のこの若手がプロジェクトのリーダーを務めることがあるでしょう。

そこでどのようなスタッフを自身のまわりに配置していくかも重要なことになります。
自分に経験がないと思うのであれば、例えばベテランを自分の補佐役につけるなどの配置ができることも必要でしょう。
全体を俯瞰してみられる、バランス感覚を持っていることもマネージメント能力に含まれ、今後のIT業界では求められる能力といえるでしょう。

モデリングの能力

IT部門で仕事をしている人を見てみると、業務に関する実務経験をそれなりに持っていて専門的な知識も十分に持っている人が多いです。
ところが、業務の本質などの、業務を行うことの目的がどこにあるかということを理解していない人も少なくないと言われています。
業務の本質を見抜く目を持つことも、今後のITの人材には求められることだと思って下さい。

そこでこれからのIT業界では、モデリングの能力が重視されるのではないかとみられています。
業務に関する専門的な知識と業務の本質を見抜く能力、そしてそのことを抽象化できる能力などがトータルで必要になります。
このような業務の全体像をモデル図として作れるような思考を育成していく必要があります。

経営センス

IT部門で働くというと、自分の守備範囲のことができればいいという感じがありました。
このため、IT部門の中で最適にするためにはどこをどう改善をすればいいのかということを考える傾向があるようです。
しかしこれからは、全体的に見てどうすることが最適なのかということを考えていく必要があります。

そのためには、ITで働く人であっても経営的な視点を持ち合わせることが求められるでしょう。
例えば、システムをただ単に改善するだけでなく、業務の基本的な枠組みを改善することで業務の効率化が図れないかという思考回路を持つことです。

システムを改善するとなれば、大きなコストを投入しないといけなくなるかもしれません。
しかし業務の枠組み改善であれば、それほど大きな資金を入れる必要もなくなります。
これからはトップから物事を見る能力もITでは必要になると思って下さい。