• 医療系の仕事内容について

    by  • 医療系

    医師の仕事内容

    医師の仕事というと多くの人が患者の診察をして、必要な治療を講じる医療スタッフと思うのではないでしょうか?
    このような医師のことを臨床医といいます。

    臨床医は、患者の問診をしたり心音や体温、表情などを観察したりすることでなぜ不調に陥っているのか、その原因を探っていきます。
    そのうえで、病名が特定できたところで症状改善するために、注射や点滴などの治療を講じていきます。
    場合によっては、看護師などが実際の医療行為を担当することもあり、その場合には実行するスタッフに的確な指示をしないといけません。

    臨床医の他に、研究医としての仕事もあります。
    研究医とは、実験やデータを日々行っていく中で病気などの医療面の論文を作成して発表されます。
    もし注目される論文であれば、学会や学術誌などで発表されて、注目を集めることもあります。

    看護師の仕事内容

    看護師の行うべき業務は、多岐に渡ります。まずは患者の身の回りの世話があります。
    食事や風呂などの介助を必要に応じて行います。またベッドメーキングをして身の回りの世話を行うことになります。

    また病棟勤務だと24時間体制で看護をしないといけません。
    そこで日勤や夜勤などのローテーションを回していきます。
    看護記録をつけて、次の担当に情報を伝える役割もあります。

    その他には、医者の診察や治療のフォローも業務の中に含まれます。
    血圧や体温、脈などのバイタルサインのチェックを行います。
    病院によっては、採血や注射、点滴なども看護師が担当するケースもあります。

    看護師の中には、オペ室で業務をしている人もいます。
    この場合、手術器具を手術前に準備する、手術中は医師の指示に従って器具を手渡しする業務をこなしていきます。
    看護師は患者やその家族と接する機会も多いので、コミュニケーション能力が必要です。

    医療事務の仕事内容

    医療事務は基本的に、医療行為以外の医療機関で発生する仕事をこなすと思って下さい。
    このため、具体的な業務内容を見てみると、実にいろいろな種類の業務のあることが分かります。

    例えば、窓口で受け付け業務を行います。
    初診の方の場合、保険証を受け取ってカルテの作成などを行います。
    また診察を終えた患者に対しては計算をして、料金を受け取る業務もこなさないといけません。

    その他には、カルテの管理業務を請け負うこともあります。
    そのほかにも病院で利用している備品の管理を任されることもあります。

    医療事務の業務の中でも重要なのは、レセプトの作成業務です。
    私たちが通常診察を受ける時、診察料の3割だけを負担して、残りの7割は健康保険からねん出されます。
    この健康保険組合に請求する業務をレセプト作成業務といいます。病院の収入の大半を占めるので、とても重要な仕事です。