• 医師

    by  • 医療系

    世の中には「先生」と呼ばれる職業がいくつか存在しますが、医師はその中でも教師と並んで先生と呼ばれることが多い職業の一つです。
    ここでは、医師の仕事内容のほか将来性、やりがい、求められている適性などについてご紹介しますから今後の参考にしてください。

    人々の健康を守るお仕事

    医師の仕事を知らないという方は恐らくいないと思いますが、多くの方が想像しているのは病院で診察や治療を行うドクターの姿ではないでしょうか。
    なんとなくの概要は知っていても仕事の細部までは分からないこともあるかと思います。
    病院などの医療機関で医療行為を行っている医師を臨床医と呼びますが、臨床医の業務は来院した患者さんを診察し、症状に応じた適切な治療を行うことです。

    検査の結果に基づいた医療を提供するために医療チームに正確な指示を出すのも医師の務めですし、総合的に患者さんの健康をサポートする職業と言っても良いでしょう。
    また、医師には臨床医だけでなく研究者としての仕事も存在します。
    大学病院や研究機関などで医学について研究している医師のことを研究医と呼び、日々さまざまな実験を行いデータを積み重ねています。

    医学の進歩を実質支えているのはこうした研究医ですから、日本人の将来を守るのが仕事と言っても過言ではないでしょう。
    医師の将来性ですが、人類が生きていくためには医学が必要不可欠となりますし、医師という職業がなくなることはまず考えられません。
    そのため、将来性という面で考えた場合非常に優れた職業と言えるのではないでしょうか。
    しかし、その分医師になるためにはさまざまな難関もクリアしなくてはいけません。

    患者さんの笑顔がやりがい

    臨床医はとてもやりがいのある仕事です。
    人々の健康を総合的にサポートするお仕事ですし、時には命に係わる重要な手術を行うこともあります。

    世の中にはいろいろな職業が存在しますが、人の生命を救う職業というのは医師だけです。
    難しい手術が成功し患者さんが助かると当然感謝されますし、笑顔でお礼を言われることもあるでしょう。
    こうしたことが医師にとって大きなやりがいを感じる部分ではないでしょうか。

    研究医は医学の未来のために日々研究を行っていますし、それが将来的に多くの人を救うと信じて研究に没頭しています。
    こちらはこちらで大いなるやりがいを感じることができるでしょう。

    先ほどもお伝えしたように、医師は時に人の生命に大きく関わってくる職業でもありますから、責任感や正義感が強い人が求められています。
    また、日々進歩している医学に対応するには常に学びの姿勢を忘れてはいけませんし、勉強熱心であるということも重要でしょう。
    何より、人々を救いたいという強い心意気がないとこの職業に就くことは難しいかもしれません。