医薬品に関するエキスパートが薬剤師です。
薬剤師の主な仕事は調剤ですが、雇用先によってはさまざまな業務を並行して行うことも珍しくありません。
医療業界の中でも収入が良いことで知られる薬剤師ですが、ここでは薬剤師という職業の魅力や収入、やりがいなどについてご紹介します。
今後薬剤師を目指したいと考えている方はぜひ最後まで目を通してみましょう。

薬のスペシャリスト

薬剤師という名称の通り、主な業務は薬品の調合が挙げられます。
医師が作成した処方箋に従って薬を調合し、それを患者さんに提供します。
調剤薬局では調合だけを行う薬剤師もいれば、調合から患者さんへの対応まですべてを一通りこなす薬剤師もいますから、どこまでが薬剤師の仕事なのかという線引きは難しいところかもしれません。

薬剤師が活躍できる職場は多岐にわたり、病院のような医療機関でも働くことができます。
病院内で薬品を管理し、患者さんに応じた薬を用意したりするのも病院薬剤師の業務です。
ほかにも、製薬会社のMRとして働くこともできますし、官公庁やドラッグストアなど、活躍できる場はたくさんあります。

薬剤師は直接患者さんに治療などを行うわけではありませんが、調合した薬を通じて患者さんの健康や幸せを取り戻すお仕事です。
患者さんからは感謝される仕事ですし、やりがいや充実感は存分に感じられるのではないでしょうか。

また、医療業界の中でも比較的高収入ですし、さまざまな働き方ができるのも魅力的です。
現在では薬剤師をパートやアルバイトとして雇用しているところもありますから、ライフスタイルに合わせた働き方が選択できるのは大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

専門性の高い仕事

薬剤師は非常に専門性が強い職業ですから、それに見合った収入を得ることが可能です。
この仕事に就くには国家資格も必要となりますし、選ばれた一握りの方しか就くことができません。
将来性という面を考えても非常に安定した職業と言えるでしょう。

具体的な収入は就職先によって異なりますが、大手の病院や薬局だと初年度から年収400万円オーバーということも珍しくありません。
ドラッグストアなどでそれなりの立場になると更に収入はアップする可能性があります。
高収入が狙えるだけでなく、安定性の高さという部分に惹かれてこの仕事を選ぶ方も少なくありません。

薬剤師は薬のエキスパートですし、薬を通じて患者さんの健康を守るのが使命でもあります。
そのため、責任感の強さはもちろん人を思いやれる心やミスをしない繊細な性格が求められています。
直接患者さんに治療の手を差し伸べることはないものの、時には命にも関わる薬剤を扱っていますから、使命感を持って業務にあたれる人材が求められているのです。