高難度の試験突破が必要

あまり聞きなれない職業かもしれません。
ここでは、不動産鑑定士の仕事をご紹介します。
不動産鑑定士とは、不動産に関わる仕事なのですが、土地や建物の価値を見極め、その価値をお金に換算するのが主な役割です。
顧客が不動産を運用することで利益を得る手伝いをする仕事です。

不動産価値を知るには、今の経済状況の動向をおさえる必要がありますし、経済の価値についても日々チェックを怠ることはできません。
不動産鑑定士の仕事は、知識を得る必要もありますが、先読みができる能力が最も重要です。
不動産鑑定士になるには、幾つか資格を取る必要があります。
資格は幾つかありますが、中でも国家資格である不動産鑑定士は、最高峰の資格で難易度も高いです。

不動産鑑定士という職業

不動産鑑定士として仕事をするには、まず不動産鑑定士の資格を取得する必要があります。
資格受験の前提条件はなく、試験1発勝負の資格なので、年齢、性別、学歴一切必要ありません。
実力が物を言います。
この資格を取得することで、門戸が広がり、不動産鑑定事務所や銀行・信託など、不動産に関わる会社で働くことができます。
不動産鑑定士の年収は700万円ほど。

不動産鑑定事務所に所属する人が大半なのですが、独立することも可能な士業です。
会社勤めで実力を付けて、さらに上を目指して独立して生計を立てる人もいます。
それほど、専門的な分野で、能力があると上を目指すことのできる業界です。

不動産関連の仕事には、幾つか資格がありますが、いずれも不動産のプロです。
不動産を鑑定するための知識から始まり、宅建、法律、会計の知識と多岐にわたり知る必要があります。
また、登記や税務関係なども関わりを持つことから、会計士や税理士のようなこ他の士業との連携も出てきます。

不動産鑑定士の魅力

不動産鑑定士を仕事にするメリットとして3つ。
まず1つめは、収入が安定して見込めることです。
不動産鑑定士として会社員勤めをした場合600~700万円の年収が見込めます。
一般的な会社員の平均年収は400万円ほどなので、若い頃かから収入が高いのは魅力でもあります。

2つめは、物件を細部にわたってみることができることです。
不動産鑑定士とは、主に不動産を鑑定・評価することが主な仕事です。
物件を見ることが先決です。
建造物が好きな人にとってみると、飽きまで、それを見ることができるのです。

3つめは、出張が多いので、旅行気分が味わえることです。
不動産鑑定は全国各地で必要です、何も自分の最寄りエリアだけが対象ではありません。
全国各地を回り、色々な物件を見て回ることができ、旅行が好きな人にはうってつけの仕事です。
資格を取るにもハードルが高いですが、取った分、収入やりがいともに期待できる仕事です。