建築士の仕事

建築士の仕事は、住宅やビルなどの建築物の設計や工事の管理監督を担います。
建築物を建てる際には、図面や仕様がないと誰もそれを建てることができません。
ですので、建築士の仕事の多くは必要な仕様や図面の作成です。
また、建築士が実際の工事をするわけではありませんので、工事にはいると、仕様通りか、図面通りなのかをチェックし、違う場合やトラブルが起きた際の軌道修正をする必要があるので、監督業も行います。

資格が必要

建築士の仕事をするには資格の所持が必要です。
資格は国家資格で、一級、二級、木造の3種類あります。
二級、もしくは木造の建築士になるには、まずは建築を学べる専門学校もしくは大学で単位を取得します。

取得したことで受験資格が与えられます。
また、一級になると単位取得だけではなく、最低2年の実務経験をしなければ受験資格が与えられません。
まず受験資格を得る前に、専門もしくは大学の建築学科を卒業が必要です。
それらの資格の中でも一級建築士の難易度は高く、最もレベルが高いです。

建築士の一日

建築士って毎日一体何をしているのか。
建築の仕事は、設計書や図面を書くことがメインにはなりますが、それ以外にも取引先との交渉や、機材や素材の確認、コンクール応募など、業務はてんこ盛りにあります。
仕事場の多くは事務所です。
設計事務所を個人でやっていたり、お世話になったりですが、設計や図面描きは、事務所です。
朝はそれぞれの事務所に出勤し、その後、打ち合わせなどがこあれば、外出。

それ以外はひたすら、設計業務をすることになります。
個人事業主の場合は、仕事をとってこないとなにもできませんので、軌道に乗るまでは、営業活動の片がメインになるかもしれません。
また、知名度や実績を上げる、技術を磨くために、コンクールに応募する建築士も多いです。
そこで、賞を受賞することで箔が付き、営業活動の幅も広がります。
仕事がないことには建築の設計ができないので、お客さまの確保は必須です。

お客さまの反応がやりがい

建築の仕事はユーザーの問題を解決する仕事と言っても過言ではありません。
新築や改装、リノベーションなど。
住まいに関する問題を解決します。
建築士のやりがいは、そんな悩みをうまく解決し、ユーザーが期待する通りの建築物が出来上がった時のお客さまの声。
これが一番大きいですね。

住み易くなった、居心地がよくなった、見違えるように良くなった、困ってたことが解決されたなど。
そんな良い言葉を聞くことが出来ます。
もう一つのやりがいは、物造りを通して得られる達成感です。
着手から完成までには長い期間を要します。
多くの人の手を得て、自分の設計した建築が出来上がる、完成形を見た時のその感動たるや、建築士が得られるやりがいです。