経営企画・事業企画に必要なスキル

企画系の求人の中にも、いろいろなものがあります。
その中でも経営企画・事業企画の募集が行われることもあります。
経営企画・事業企画とは、市場の分析を行うことで、今後どのような改善をすればより効率的に業務を推進できるかをアドバイスする部署です。

そのためには、会社の現状について経営陣にしっかりと報告することです。
そのうえで、今後どのような方針で起業活動をすべきかを提言します。

現状報告と提言との間に論理的な整合性があり、経営陣を納得させるだけのプレゼンテーションスキルが要求されます。
会社の今後の経営状態に直結するような重要な業務なので、求められるスキルも高くなることを理解しておきましょう。

経営企画・事業企画で就職するにあたって、大きな武器になりえるのがMBAです。
MBAを持っている人は、積極的にアピールするとポイントは高いです。
もしMBAを持っていなかったとしても、MBAに関する書籍をしっかりと読み、基本的なことに関してはしっかりとマスターすることです。

その他には、実務経験が重視される世界であることも認識しましょう。
大手メーカーなどで、企画経営に携わったことがあれば、それはかなりの武器になります。

また最近では、外資系企業で経営企画・事業企画の募集が行われることもあります。
この場合、外国語のスキルを持っていることも、アピール材料になりえます。

商品企画と必要なスキル

企画系の求人の中には、商品企画という仕事もあります。
会社では業績をさらに伸ばすために新規の商品やサービスの開発も行っています。
ここで、新しく売れそうな商品の企画を立ち上げるのが商品企画の仕事です。

商品企画に求められるスキルは、もちろん商品の企画力です。
しかし独創的な企画を作っても、それが売れないのであれば意味がありません。

そこで、マーケティング能力が求められると思って下さい。
市場ではどのようなニーズがあるのか、的確に理解してそれに見合った商品を作れば、売れる可能性はアップします。

また自分の企画が実際に商品化されるかどうかは、社内のプレゼンテーションで最終的に判断されます。
そこでプレゼンテーション能力も要求される仕事と思って下さい。

いかにして聞いている人を説得できるか、論理的に自分の企画した商品は売れると説明できる表現力が要求されます。
またプレゼンの場では、いろいろと厳しい質問が出るでしょう。
その質問に対して的確に答えられるだけのコミュニケーションスキルも要求されます。

商品を作るにあたって、生産工場や原料の調達をはじめとしていろいろな部署のスタッフがかかわってきます。
この雑多なスタッフの橋渡しをするのも商品企画なので、バランス感覚も求められると思って下さい。