企画系の求人動向

ここにきて景気回復の兆しが見えていることもあって、企画系の求人情報は増加傾向にあるといっていいでしょう。
会社の収益性が回復したことで、新規事業を展開するとか新商品やサービスの投入に積極的な会社が増えていることが影響しています。

その中でも、いくつか企画の転職に置いてキーワードになりそうな言葉がありますので、ここでいくつか紹介しましょう。

消費財メーカーの求人動向

企画の仕事を探すのであれば、消費財メーカーの動向に着目すべきです。
国内はもちろんのこと、外資系メーカーの求人も活発に出てきています。
求人情報が増えていることによって、求められる人材のバリエーションも富んできています。

例えば、マーケティングの経験者を募集していることもあれば、広告代理店の経験者を募集している案件もあります。
外資系メーカーの企画担当に応募するためには、高度な英語スキルも要求されると思って下さい。
人気の案件なので、求人数が多くても依然倍率は高い状況が続いています。

Webマーケティング

パソコンが一般に広く普及されて、インターネットを使って情報収集するのが当たり前の時代になっています。
そこで各業者とも重視しているのが、Webマーケティングです。
Webマーケティングを使って商品の周知徹底をすることはもちろんのこと、プラスアルファのできる人材が求められています。

OtoOといって、インターネットからリアルタイムで消費するシステムや現実世界の店舗で商品を見てインターネットから購入するショールーミングなどの企画を担当できるような人材を募集しているケースも多いです。
多様化するニーズの中で、いかに自分にはそれに対応したスキルを持っているかアピールできるかが転職成功のカギでしょう。
広告代理店やネット広告関係の企業などで求人が活発に出ています。

ビッグデータの活用

業界関係なく、注目されている手法としてビッグデータがあります。
ビッグデータを活用することで成功した事例も日本国内では多くなっています。

経験者を雇いたいというのが募集を出している企業の本音でしょう。
しかしビッグデータは日本国内に定着してまだ月日が経過していません。
このため、未経験者でも積極的に採用している傾向が見られます。

大学で統計解析を学んだことがある、SASといった統計ツールの使用経験を持っている人であれば、面接などでアピールしていきましょう。
また過去にデータベースや分析ツールなどを開発したことのあるエンジニアでも、ビッグデータを取り扱った企画部署で活躍できるチャンスはあります。

このように企画の求人でも、いくつかのキーワードがあります。
その中で自分の特性を考えたうえでどこに転職するのが効果的かを考えましょう。