広告業界では重要な役割の仕事

グラフィックデザイナーとは、画像や文字などを使って、伝えたい情報を効果的に出すためのデザインをする仕事です。
依頼主から必要な情報を受け取り、それを踏まえて、デザインを考えます。
デザイン案を幾つか検討し、そこからレイアウトの編集や紙面に落とし込みをするまでが仕事です。

用途としては、広告や雑誌掲載、サービスカタログ、マニュアル、ポスターなど多岐にわたり使用されます。
視覚から得る情報はシンプルで、分かり易いがモットーです。
ポスターや広告に使われる場合、それがサービスの売り上げに直結すると言っても過言ではありませんから、グラッフィックの力は必要です。

働き方はいろいろ

グラフィックデザイナーとして働くは様々な形態があります。
デザイン会社や制作プロダクション、メーカの商品開発部などで働くことができます。
また、正社員、契約社員、派遣社員と雇用形態も幾つかに分けることができ、生活スタイルにあわせて働くことができます。
実力がある人やこ、スキルに自信がある人はフリーランスとして働く手もあり、フリーランスの場合は、依頼が増えれば増えるほど、高収入が見込めます。

作品を多くの人に見てもらえる

グラフィックデザインのやりがいは、まず物作りの醍醐味でもある完成品ができた時の感動を味わうことができることです。
特に仕様を詰めることに時間をかけたり、うまく案が出てこず毎日悩んだあげくに出た妙案などが、完成した時には、産みの親としても愛着がわきます。

そしてそれが世に出た時には、充実感もひとしおです。
グラフィックデザインは広告などで多用されるのですが、それが世に出て、人の目に触れ、高感触を得た時には、この上ない幸せを感じます。
デザインで人の心を動かすことができ、惹きつけ、ワクワクさせることができるのです。

苦労すること

一方の苦労もやはりあります。
どの企画でもスムーズにいけばいいですが、そうはいきません。
クライアントとの意思疎通がうまく行かず修正を繰り返す日々が続くのだってよくあることですし、

なかんか案が思い浮かばず悶々とする日々が続くことだってあります。
そんなフラストレーションをためながら、それでも完成品が出来上がることを目指します。

技術とセンスさえあれば資格は不要

グラフィックデザイナーになるための資格は特に必要ありません。
とは言え、デザインセンスが必要です。
活躍している人の多くは、美術系・芸術系の大学を修了している人や、専門学校でデザインの勉強をした人達です。
必須の資格は必要ありませんが、色彩検定やアドビ認定エキスパート、Illustratorクリエイター能力認定試験などデザインに関する資格はあるので、持っていると、企業に採用してもらいやすくなります。