クライアントの求めるイラストを制作

イラストレーターの仕事って一体何をするのか。
それだけで生活できるほど稼げるのか?と気になることはたくさん。
ここでは、イラストレーターの仕事内容から生活までをご紹介します。
イラストレーターはその名の通り、イラストを描く仕事です。

一昔前は、手描きでしたが最近は、パソコンなどを使って簡単に描いている人が多いです。
パンフレットやチラシ、雑誌、看板、広告など至るところでイラストを見かけますが、そのイラストを描いている多くは、イラストレーターなのです。
依頼主は、企業や広告代理店、お店のオーナーや、WEB制作会社など、イラストを欲しているところです。

依頼主の要求に応えるようなイラストを描けるかが腕の見せどころです。
会社のイメージ、宣伝イメージ、サービスのイメージなど、要求は様々です。
それをいかに、マッチしたイラストに起こせるかが鍵になります。

どうやってなるの?

イラストレーターには特別な資格は必要ありません。
センスが問われるクリエイティブな仕事です。
広告会社やデザイン事務所、ゲーム会社や会社の広報部など至るところで活躍の場があり、その多くは美大や美術系の大学を修了していたり、デザインの専門学校に通っているなど、何らかの形でイラストを描いてきた人達ばかりです。

イラストレーターに向いている人

どの職業にも向き不向きがありますが、イラストレーターは特に才能やセンスが物を言う仕事と言っても過言ではありません。
イラストの上手さは当然必要ですが、イラストにもジャンルがありますし、仕事として必要とされるイラストの多くはポップ、キャラクター性などが問われます。
写実が上手くても意味がありません、オリジナルのイラストをいかに生み出すことができるかです。

また、仕事としてイラストを描くには、依頼主の意図をしっかりと把握してそれをイラストに起こさなければいけません。
一人よがりなイラストを描いていては、そこにお金が発生しなくなってしまいます。
依頼に合った、イラストを描ける人が重宝されます。

やりがいと苦悩

イラストが世に公開されて、多くの目に触れる状態になった時の感動と達成感は何にも変えられません。
何度も推敲して練りに練ったイラストで依頼主からも褒め言葉をもらったり、またそれを見た人が、幸せな気持ちになったりするとなおさらです。
知らない場所で自分の描いたイラストが出回るとやはり良い気持ちになりますし、直接やりがいに結びつきます。

一方の苦悩には、昨今のパソコンを使ってイラストを描くことが増えているのですが、思い描くものがパソコン上でうまく表現できないとうことがあります。
パソコンは効率的な一面もありますが、一方で細部の表現や調整がしにくいといったデメリットがあります。

イラストレーターはセンスも重要ですが、あわせて提案力が鍵となります。
依頼主の要件をうまくくみ取って、さらに自分のセンスを加味できると良いですね。