• インテリアコーディネーター

    by  • クリエイティブ系

    インテリアコーディネーターの役割

    インテリアコーディネーターの仕事とは、住宅やお店、公共施設などのインテリアをデザインします。
    北欧風、カフェ風、南国リゾート風など、インテリアには様々な種類があり、テイストを変えるだけでも、その空間の雰囲気が一気に変わります。
    インテリアと言っても、幅広い知識が必要で、照明器具や壁紙の種類に材質、キッチン形式や設備など、見た目だけでなく機能に関しても知識が長けています。

    仕事内容も幅広く、私たちの良く知る部屋のコーディネートもそうですし、不動産会社のインテリアコーディネーターであればモデルルームのコーディネーターにも携わります。
    二級建築士の資格を持って入れば、平面図を書く設計をするインテリアコーディネーターもいます。

    多いのは住宅のコーディネーターですが、その場合には、必ず依頼主の要望を聞きだします。
    家族構成、雰囲気、年代など。
    その世代に合った落ち着く空間といのは違いますからね。
    ヒアリングすることは重要です。

    連携と違い

    類似する職業に建築士があります。
    どちらも住宅に関するエキスパートなのですが、仕事内容は異なります。
    建築士は、建造物の外観の設計・施工を行いますが、インテリアコーディネーターは内装が中心です。

    家具が小物の配置を変えたり、空間をアレンジしたり、作り出して、生活をしやすくする、とったこともインテリアコーディネーターの仕事の1つです。
    仕事内容は大きく異なりますが、どちらも依頼主の住環境を心地良くするために必要な不可欠なことには違いありません。
    依頼主のリクエストによっては、建築士とインテリアコーディネーターがタッグを組み力を合わせることもあります。

    活躍の場

    昨今、リフォームやリノベーションのニーズが高まり、住宅への関心が増しています。
    また、高齢化社会に突入している国内全土では、バリアフリー建築に見直されたりと昔に比べると、住宅に関心を持つ人が増えています。
    そのため、インテリアコーディネーターの活躍の場が増えているのが実状です。

    部屋のインテリアに留まらず、バリアフリー設計やユニバーサルデザインなど、新しい建築様式やスタイルにも目をむけて常にトレンドをウォッチしていくことが必要です。
    インテリアコーディネーターの活躍の場所には一般住宅が主ですが、最近こでは、オフィスや老人ホームなど、住宅以外でも活躍するケースがあります。

    1家族だけではなく、多くの人が住む施設のインテリアコーディネーターは、住宅とは違ったコーディネートが必要ですし、専門知識が試される場でもあります。
    空間があるところに、インテリアコーディネーターありといえるほど、活躍の場は一昔前に比べると多岐にわたっています。