制作能力は必須

クリエイティブ系の仕事をするためには、制作能力が必要です。
そこでクリエイティブ関係の求人情報を見てみると、具体的にどのような制作能力を持っているかのチェックをすることが多いです。
そこで前の職場でどのような作品を作ったのか、実際に提出し、面接者の制作能力を確認することも多いです。

かつて実際に作成した製作物やポートフォリオ、書類などを持参し、もしくは書類応募するときに添付しましょう。
なかにはクリエイティブの実務経験を持っていないという人もいるかもしれません。
その場合には、趣味などで作成したものでもいいので準備しておくと良いでしょう。

売れる商品を作る能力

確かにクリエイティブ系の仕事をするためには、やはり制作能力は欠かせません。
ただしただ単にモノづくりができればいいかというと、そのような単純な話ではありません。

売れる商品やサービス、コンセプトを立案できなければ意味がないわけです。
そのためには、技術プラスアルファの能力が必要になります。

例えば、どのような商品が売れ線なのかを把握する必要があります。
そのためには、マーケティング力やデータなどの分析力が必要になるでしょう。

そのほかには、自分一人ですべての製作工程を担当しないということも有り得ます。
他のスタッフと共同で制作する場合、他のスタッフとの連携を取るために、コミュニケーションスキルなども必要になります。
このようにトータルで、売れる商品を作れるだけの能力を持っていないと、なかなかクリエイティブとして採用されないかもしれません。

体力も必要

クリエイティブの仕事の場合、クライアントから能力を設定されて、そこまでに作り上げる必要があります。
このため、納期に間に合わせるためには少し仕事がハードになる可能性もあります。
例えば残業などを強いられる可能性もありますし、休日出勤を強いられるかもしれません。

場合によっては、オフィスに何日か泊まって徹夜で仕事をしないといけなくなる恐れもあります。
このようなハードな職場で仕事をこなしていくためには、体力もクリエイティブの仕事をするために必要なスキルといえるでしょう。
クリエイティブと体力はなかなかリンクしないという人もいるかもしれませんが、決して見落としてはいけないポイントです。

マッチングも重要

いくらクリエイティブのスキルがあっても、採用されないケースもあります。
自分の製作したものの持っているテイストと募集を出している企業のカラーがマッチしないと、なかなか採用されません。

そこで自分の作品の雰囲気と会社の持っている個性があっているかどうかも確認しましょう。
もしマッチしているというのであれば、転職活動をする時に、その部分を積極的にアピールすることです。