ホームページのデザインをつくる

IT業界の職種はたくさんあります。
また昨今、クリエイティブ系の職種としても人気なのがWEBデザイナー。
デザイナーと聞くと、洋服や、雑貨、インテリア、建築などがありますが、IT業界にもデザイナーがあるのをご存知ですか。

一体何をデザインするのか?と言うと、インターネット上ににある、ホームページやブログやアプリケーションなどの、デザインです。
メディア媒体としても、ホームページを持つ企業や個人事業主が多く、各社オリジナルのホームページで特色を出しています。
そんなWEBを制作し、作り出すのがWEBデザイナーの仕事です。

WEBデザイナーになるには

特に必須となる資格が必要なわけではありませんが、趣味の範囲以上の経験は必要です。
情報系の大学で講座としてありますが、WEBデザイナーとしての知識を得るには、専門学校に行って知識を身に着ける方が有効と言えます。
クリエイティブとしてのセンスは当然ですが、考案するデザインを実現するためのプログラミング技術の高さが鍵となります。
htmlやCSSなどのプログラムを記述するコーディング技術が必要なので、それらの秘術を学ぶことになります。
元々IT系の会社にいたり、自作でブログを作っている人は、ある程度のプログラミングスキルがあるので、独学でもマスターすることは可能です。

やりがいと将来性

人気のWEBデザイナーは人手過多な企業もあるほど。
広告媒体の1つとして、重宝されているITメディアの普及は加速しています。
新聞や雑誌に比べると、安価でかつ、最新情報がリアルタイムで更新できる気軽さもあり、各社なくてはならないツールの1つになっています。
また大企業のように宣伝費が確保できない会社でも、ホームページや、ブログを宣伝媒体にすることはたやすく、メンテナンス費用も安くおさえられるので、規模に関わらず多くの会社が積極的に取り入れています。

WEBデザイナーにとってはまたとないチャンスで、仕事はいくらでも転がっているのです。
どんなホームページを作りたいのか、イメージしているのかを、くみ取って仕様をつめ、その中で自分のセンスを最大限に出でせます。
お客さまに喜んでもらって、さらには閲覧者が増えるWEBサイトが完成すると、感動もひとしおです。
ITメディアを使った広告はとどまるところを知りません。
ITがある限り、存続することでしょう。

業務形態はさまざま

WEBデザイナーは、会社に属していようと、フリーランスであろうと、成果主義であることが多い、新しい職種でもあります。
勤務時間も納期によりますし、自分でコントロールしやすとも言えます。
会社のデスクで仕事が多いですが、中には自宅やカフェで仕事も可能で、とてもフレキシブルに仕事ができます。