法律家とも呼ばれることのある弁護士は法律に関するエキスパートです。
さまざまな訴訟を取り扱うことができ、民事から刑事まであらゆる訴訟に対してクライアントの利益を守るために業務にあたります。
法曹の分野においてはもっとも有名な弁護士という職業ですが、ここでは仕事内容や魅力、なる方法などについてご紹介しますからぜひ参考にしてください。

訴訟のエキスパート

弁護士の業務は多岐にわたりますが、簡単に説明すると法律の専門家としてあらゆるトラブルの解決を図ったり、訴訟を取り扱ったりします。
また、弁護士によって得意とするジャンルが異なることは珍しくなく、民事事件の裁判や解決が得意という弁護士もいれば刑事事件を主に扱っている法律家もいます。

弁護士というと裁判所で勇ましく答弁する姿をイメージする方も多いかもしれませんが、実際には交通事故の示談や借金問題の相談など、身近なトラブルを解決していることが多い傾向にあります。
ほかにも、離婚問題や金銭トラブルといったことでも弁護士が活躍しています。

弁護士の魅力はいくつか挙げられますが、一つには高収入ということが代表的です。
法律事務所に勤めているケースでも年収600~700万円前後という方が多いですし、独立して事務所を開けば年収数千万円ということも夢ではありません。

訴訟に勝てばクライアントから感謝の言葉をいただけますし、喜んだ顔を見ることもできます。
ここにやりがいを感じる弁護士も少なくありません。
結果をしっかりと出すことができれば達成感を感じられますし、充実した張りのある日々を送ることもできるでしょう。

法律家への道

弁護士という職業に就くためには国家試験の中でもっとも難易度が高いと言われている司法試験に合格する必要があります。
国内最難関の試験と評されることもある司法試験に合格するというのは並大抵のことではありませんが、そもそも司法試験資格を取得することすら難しいのが現状です。
大きく分けて法科大学院を終了するか司法試験予備試験に合格することに分類できますが、法科大学院は非常に難易度が高いためそう簡単に入れるものではありません。

司法試験予備試験ですが、コチラも同じように難易度が高いです。
受験制限がないため何度でも受けることができますが、平成24年度のケースでは9000人前後の受験者いたにも関わらず合格したのはわずか219人程度ということですから、非常に狭き門であることが分かります。

弁護士に向いている人ですが、正義感や責任感が強く誠実に仕事をこなせる人、論理的に話を組み立てることのできる方が向いています。
法律を扱う専門家ですから、誠実かつ真摯に訴訟と向き合える方でないとこの仕事に就くことは難しいでしょう。