司法書士はいわゆる「士業」と呼ばれる職業の中でも比較的人気があります。
脱サラして司法書士を目指すという方は多いですし、将来のことを考えて転職を希望しているという方も少なくありません。
そこで、ここではいずれ司法書士という職業に就きたいと考えている方のために情報をまとめてみましたから、今後の参考までに目を通してみてください。

法律に関する書類の作成

司法書士という職業の名称はよく耳にするものの、実際にはどのような業務を行っているのかよく知らない、という方は少なくありません。

司法書士はクライアントからの依頼に沿って法律に関する書類の作成を行ったり、さまざまな手続きを代行することを主な業務としています。
もっとも代表的な業務として挙げられるのは登記で、土地や建物といった不動産の登記書類作成、手続きを行います。
また、認定司法書士だと少額の簡易裁判において弁護士と同じ活動ができますし、遺言書の作成や各種手続きなども行っています。

司法書士はご存じの通り国家資格が必要となりますから、ただなりたいというだけでなれるような職業ではありません。
また司法書士試験は司法試験などと違って受験資格に制限がありませんから、基本的に希望する誰もが試験を受けることが可能です。

司法書士の試験に合格しただけでは司法書士として活動することはできず、司法書士会に登録して研修を受ける必要があります。
弁護士に司法修習と呼ばれる期間がありますが、それと同じようなものと考えれば良いでしょう。

司法書士会への登録と研修を修了すると、初めて司法書士として活動できるようになります。

司法書士としての働き方

司法書士としての働き方はいくつか考えられますが、まずは司法書士事務所などに所属することが挙げられます。
将来的に独立したいという方もまずは下積み期間を経る必要があります。

この時期の給与というのは勤務先となる事務所によって異なりますが、大手事務所だとだいたい25~30万円前後、そこまで規模の大きくない事務所だと20万円前後の月収となることが多い傾向にあります。
経験を積むごとに収入は上がっていくと思いますが、そこまで大幅に収入がアップするとは言えません。

司法書士として開業すれば案件報酬を受け取る形で仕事ができますからその分年収はアップする可能性がありますが、集客できなければそこまで大きく稼ぐことはできないでしょう。
そして司法書士としてのスキルに長けていたとしても、事務所を運営するとなると経営手腕なども求められます。

現在では司法書士も飽和状態と言われていますから、資格を取得すれば将来が絶対安泰、ということは言い切れません。
資格の取得を考えている方はそこまで考えた上で踏み切りましょう。