一般事務

オフィスワークと聞いて真っ先に思い浮かぶのは一般事務業ではないでしょうか。
どのような企業においても事務業務というのは存在しますし、オフィスのお仕事として比較的人気もあります。
アルバイトやパートとして人材を募集していることも多いですから、さまざまな働き方が可能となるのも魅力的ではないでしょうか。
ここでは、一般事務の仕事内容や収入、持っておくと就職や仕事で役立つ資格などについてご紹介しましょう。

オフィスワークの代表格

一般事務の仕事と一口に言ってもさまざまな業務が存在します。
代表的なものを挙げると、資料や契約書といったビジネスシーンで必要となる書類の作成をはじめ、会社に訪れた方の案内、メールへの返信やクレーム対応、ファイリングなどが挙げられます。

事務といっても会社によって担当する業務は異なることがありますし、専門的な業務をこなさなくてはいけないこともあります。
外資系企業や海外に取引先がある会社だと英語などの語学力が求められることも珍しくありません。

一般事務の仕事に就くために必要なスキルですが、基本的にはパソコンを用いたデスクワークとなりますから最低限パソコンの扱いには慣れておいた方が良いでしょう。
特に文書や資料作成に必要となるワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトを使えると即戦力として働くことができます。
また、請求管理ソフトや勤怠管理ソフト等、
各業務ごとにオリジナルソフトを導入している企業も少なくありません。
それらのソフトを使いこなすにも、エクセルやワードの使い方を知っていることが助けになるでしょう。

さらに、先ほどもお伝えしたように事務員は来客への対応をすることもありますから、最低限のビジネスマナーは身につけておくべきです。
外国人のクライアントや取引先担当者などがよく訪れる会社だと日常会話くらいできる程度の英語力も必要となるでしょう。
事務員が企業の繁栄を影から支えていますから、そうした気持ちを持って働ける方が向いているかもしれません。

収入や資格について

事務員の収入は勤めることになる会社によって大きく変わってきます。
専門知識が必要となる部署に配属された場合は給与が高めに設定されていることもありますし、スキルや経験によっても給与は変わってくるでしょう。

参考までに平均的な給与を挙げておくと、だいたい17~19万円前後ということが多い傾向にあります。
働きながらスキルアップすることで給与は上がっていくこともありますし、経験に応じて収入アップすることも充分考えられるでしょう。

事務職に就く上で有利となる資格ですが、パソコンスキルを証明できるマイクロソフト・オフィス・スペシャリストやパソコン検定、日商マスター、日本語文書処理技能検定などが代表的です。
また、グローバル化が進む現代だと海外の取引先とやり取りすることも多いですから、英語力の証明としてTOEICや英検を受けておくと良いかもしれません。