• 事務系の仕事の転職について

    by  • 事務系

    事務系の転職というのも営業系と同じように比較的多いので、求人広告などもみつかりやすいでしょう。
    ただ、事務系といっても、さまざまな職種があります。

    営業事務

    たとえば、営業事務という場合には、営業のサポート的な役割を果たすことが多いでしょう。
    営業の知識が必要となったり、時には営業に同行しなくてはならなくなったりすることもありますし、
    営業活動に直接関わる機会も少なくありません。

    内勤事務

    それとは逆に営業のように外回りなどはまったく行わず、完全に内勤の事務系の仕事もとても多いです。
    たとえば、経理や人事という仕事はほとんどが内勤の仕事となります。
    時には社外での仕事もありますが、基本的にはすべて内勤となります。

    経理事務

    経理の仕事はみなさんもご存知のように、さまざまな会計に関連する事務処理を行うところです。
    会社全体の収支決算などを行ったり、他の社員たちの給与計算や必要経費の計算、あるいは
    交通費といった計算などを一手に引き受けるのが経理の大きな仕事です。
    また、予算を組んだり、経理関係の計画を立てたりするのも経理の重要な仕事となるでしょう。

    人事

    また、人事は人員配置を主に行う部署です。
    新入社員の採用、あるいは中途採用、転職者の面接といったことを始めとして、
    企業内での人員異動といったことも行いますし、新人研修や採用関係の勧誘といった活動などを行う部署です。

    広報

    さらに、広報企画やマーケティングという部門もあります。
    これらの部署は、営業を主にバックアップするための部署です。

    こういった企画やマーケティングなどの結果を踏まえて営業部は営業活動を行うことができるのです。
    広報企画というのは、商品の広報活動を行ったり、商品を企画したりする部署です。

    どのような商品が売れるのかということを分析し、新しいアイディアをまとめたり、
    商品開発などをてがけたりする部署なので、花形とも言えます。

    そういった部署に行きたいと思っている人も多いので倍率が高い部署でもあるでしょう。
    また、採用人数も営業などに比べると低いので、そういったところの転職はさらに難関になるとも言えます。
    実績などが重視される部署です。

    マーケティング部門に関しても人気のある部署と言えるでしょう。
    市場調査を含めて、社会的な動向や業界的なことを調べて、それをまとめるという仕事がメインとなります。
    この部署も転職者の希望が多いのですが、経験豊富な人たちが採用されるケースが多いのが特徴です。

    その他に、コールセンターと呼ばれるお客さま相談係のような部署を持っている企業もあり、
    それもまた事務職のひとつです。