醍醐味

販売の仕事というのは、直接お客さまとやり取りをすることができるところに醍醐味があるのではないでしょうか。
自分の扱っている商品を通じて、お客さまの話を聞くことができたり、あるいは質問を受けたりすることが多いでしょう。

また、いくつかの選択肢があって、お客さまがどれにしようか迷っている時などに、
的確なアドバイスをしてあげるというのも販売系のスタッフの大きな役割とも言えます。

そしてそういったやり取りを通しながら、お客さまとコミュニケーションを取ることができるのが
販売系の仕事でのやりがいと言うことになるのです。

コミュニケーション力が大切

ここで大切なことはコミュニケーション力を高めることです。
販売系の仕事に従事する人というのは、接客が好きな人が多いと思いますが、
その中でも特にお客さまと上手にコミュニケーションを取ることができれば、
それが実績にもつながってくるでしょう。

ですから、これから販売系の仕事をしたいと思っている人は、
自分なりにコミュニケーション力を高める努力をすると良いでしょう。

参考図書>>声をかけなくても! 売ってしまうトップ販売員の習慣(http://goo.gl/0brw2v

そういったコミュニケーション力を高めることによって、お客様が何を欲しているのか、
どんなものを必要としているのかということがわかります。

そして、その要望に一番近いと思われるものをおすすめするということが
販売系の大きな役割ということができるのです。

そして、お客さまが喜んでその商品を購入してくださると、そこでやりがいを感じることになるでしょう。
また、自分のセールストークによってお客さまがその商品を買ったのであれば、それが自信にもつながるわけです。

アピール力

また、販売系の仕事というのは、商品をいかに上手にアピールすることができるかということを
試される仕事でもあります。

たとえば、洋服の場合ですと、店内にある洋服を上手に組み合わせてマネキンにその服を着せることになります。
そのシーズンの流行や季節に合ったものをチョイスして、コーディネートをすることになるでしょう。

たとえば、そのコーディネートが人々に受け入れられると、そのディスプレイに即した商品が売れることになります。
そこに喜びを感じる販売員もいるでしょう。
自分のセンスに自信を持てるようになります。

つまり、販売員というのは、お客さまとのさまざまなやり取りを通して
いろいろな形でやりがいを実感することができる職業ということができます。

そのためにも、常にコミュニケーション能力を高める努力は欠かせませんし、
それに合わせてセンスを磨くためにはどうしたら良いのかを考えることも必要なのです。