重要なポスト

営業というのは、やはりどんな企業においても最重要なポストと言えるでしょう。

営業がなければ、企業は利益を生むことができません。
営業の人たちの成績によって、その会社がやっていくことができるかどうかということが決まってくるわけです。

ですから、営業をやりたいという人は営業のスキルをきちんと早く身につけることが必要となるでしょう。
さて、そのためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

ある会社では、まず新人の営業マンには電話による営業をさせることが多いようです。
もちろん、中には電話ではなく、飛び込みのセールスのようなものをやらせることがあります。

これはなかなか大変なことではありますが、それによって身につくこともたくさんあるので、そういう意味ではとても有効な方法だと言えるでしょう。

では、電話セールス、あるいは飛び込みセールスの利点というのはどういう点でしょうか。
まず一番最初に身につくのは、度胸です。
そういったセールスの大半は断られてしまいます。

みなさんも経験があるかもしれませんが、何か自分が仕事をしている時や、急いでいる時などに、いきなり営業の電話がかかってきたり、誰かが訪問してきたりしたら、それだけでイライラして追い出したくなるのではないでしょうか。

打たれ強さ

しかし、自分がいざそういう立場に立つと、今度はそれを受ける側になります。
そしてそれによって、打たれ強くなるのです。
営業をするということはなかなか厳しいことではありますが、そういう中で自分のやり方を工夫していくこともできるでしょう。

たとえば、セールストークの中身を少し替えて、電話をかけるということもまたひとつの工夫です。
少し声のトーンを落として落ち着いた感じで話をすると、相手も何となく話を聞いてみようという気になります。
そういうスキルを身につけることも営業をする上ではとても大切なことになってきます。

また、その他にも、たとえば、自社製品に対する知識が自然に身につくようになります。
セールスをするためには、自分が売ろうとしている物に対する知識が豊富でないといけません。

そういう知識をいろいろと持っていることによって、きちんと商品を売ることができるようになりますし、それによって自分の商品、あるいは企業に対する愛着というものもだんだんと身につくのではないでしょうか。

そういうことが商品を売る際には重要なことになってくるのです。
その点をしっかりと考えながら営業をしていくようにしましょう。