会社の花形

denntaku多くの会社の花形といえば、やはり営業でしょう。
営業がしっかりとしていなければ、その会社の経営は成り立ちません。

ですから、営業に求められるスキルというのもとても重要です。
では、そういった営業に求められるスキルにはどのようなものがあるでしょうか。

まず、営業は数字にある程度強くなくてはなりません。
利益を生むためには数字がつきものになります。

売り上げのことを考えたり、原価計算をしたりすることも多いでしょう。
そういう数字的なことをベースに商品をいかにして売り込むかということを考える力が営業には求められるのです。

では、営業には数字に強ければそれで良いのでしょうか。
そういうわけではありません。
その他にも必要とされるスキルはたくさんあります。
企画力やアイディア力というものも求められることもあります。

そういう力が、新しい商品の開発に結びついたり、改善点を思いつくことになったりするわけです。
営業はただ商品を、あるいはサービスを売ったり、提供したりすれば良いというわけではありません。

フィードバックも重要

olフィードバックも重要な営業な役目でもあります。
商品を売ろうと思っても、その商品がなかなか売れなかったり、お客様からクレームが付いたりする場合があります。
そういう声を直接的に聞くのは営業です。

そういった声を持ち帰り、その部分にどのように対応するのかを考えたり、そのことを元にして新しい商品を開発したりするように進めていくのも営業の大きな役割です。

営業はさらにクライアントとの交渉をしなくてはならないケースもたくさんあります。
自社の商品を売り込む、あるいは競合他社よりもより優れていることをアピールするというようなこともあるでしょう。
そういう場合に、いかにして相手に説得するのか、あるいは譲歩できる部分はあるのか、を考えられるようにする必要があります。

営業に行くと、しばしば担当者から「もっと安くしてくれ」と言われることがあります。
しかし、だからといって、そう簡単に先方のリクエストに答えるわけにはいかないということもあります。
そういう場合に、ただ「それはできません」と応じるだけでは営業としては失格です。

そういう時にこちらからも何か条件を提示したり、お互いにとって利益を生み出すためにはどうしたら良いのかを考えるのも営業の大きな力となります。

このようにして、営業に求められるスキルというのは実にたくさんありますので、これから営業として活躍したいという人は、いかにそういったスキルを身に着ければ良いのかということを考えて行動するようにしましょう。