• キャリアで決める転職のタイミング

    by  • 転職するにあたって

    若手が転職に有利タイミング

    どうせ転職するなら、自分のキャリアが高く評価されるタイミングで行う方が得策ですよね。
    第二新卒などキャリアが低くても、若いパワーが期待される20代、これまでのノウハウが期待される30代、マネージメント能力が求められる40代など、転職で有利なタイミングは様々ですが、ベストタイミングはその人の能力や経験、周囲の環境などによって左右されます。

    例えば学校を卒業して間もない、若い人の場合、学生時代に描いていたイメージと現実とのギャップに苦しむ人が少なくありません。また就職したばかりの新人は、給与も低く、少ない収入で残業や休日出勤をさせられる……といった不満を抱く人も多いものです。

    この時期の転職は、定年後までの長いスパンでキャリアを考えて、慎重に決めることをおすすめします。
    確かに第二新卒は採用されやすいメリットはありますが、この時期に何度も転職を繰り返すと、またすぐに辞めてしまうのではないかと信用されなくなるからです。

    まずは不満要素をピックアップしてみましょう。
    新人の悩みで最も多いのが、希望していた部署とは違う部署に配属された、給与が低い、上司とうまくいかないなどではないでしょうか。
    配属部署が希望と異なっていたとしても、その仕事にやりがいを見いだせないか、また転属希望を受けてもらいやすいように何か資格を取得できないかを考えてみましょう。
    スキルアップは昇給にも良い影響があります。
    仕事で必要となる資格は積極的に取得しましょう。

    給与は勤続年数によって、右肩上がりに上がっていくのが一般的です。
    今は仕事を覚える時期だから給与が低くても仕方がない。
    でも、数年後には必ず納得のいく給与を得てみせるぞ!と発奮することも大切ですね。
    ただ、違法に低賃金で長時間労働を強いるなどブラック企業の場合は、真剣に転職を考えることをおすすめします。

    資格取得に関してですが、簿記や施工管理技師など、仕事に直結する資格は転職前に取得することをおすすめします。
    有資格者の方が、転職活動では断然有利だからです。

    30代以降の転職のタイミング

    30代の人のなかには、そろそろ昇進が目の前……という人も多いですよね。
    このような場合は、昇進する前に転職した方がいいのか、昇進後まで転職を待つべきか悩ましいところです。
    この悩みは、自分がどんな働き方をしたいのかをしっかり見極める事で解決できます。
    人をマネジメントする管理職として活躍したいのか、現場の第一線で優秀な戦力として認められたいのか考えてみましょう。
    管理職として活躍したいなら昇進後に、現場でバリバリ働きたいなら昇進前に転職するのがおすすめです。

    中間管理職は上と下との板挟みですが、チームをまとめていくというやりがいがあります。
    逆に現場で活躍する場合は、これまでの営業成績などの実績が重んじられますし、臨機応変に対応していく柔軟性や、計画を遂行する粘り強さが求められます。
    自分はどちらに向いているでしょうか。
    客観的に判断することが大切です。

    ミドルの転職では管理職として転職を希望する人が多いと思います。
    この場合は、管理職になって実績を積んでから転職する方が有利です。
    少なくとも管理職として2年程度は働いて、業界で名前が知られるほどになれば、引く手あまたとなるはずです。

    自分のベストタイミングは、今後自分がどのような人生を送りたいのか、またどのようなキャリアを積んでいきたいのかによって異なります。
    じっくりと考えてみましょう。