女性は私生活の変化による転職が多い

長い人生、いろいろな節目があります。
社会人の場合、結婚や出産、マイホームの購入、親の介護など、生活が変化して転職を余儀なくされることもありますよね。
特に女性の場合は、その傾向が強いのではないでしょうか。

女性活躍推進法によって、現在多くの企業が女性が働きやすいよう職場環境の改善に取り組んでいます。
しかし、まだまだ日本における職場環境は快適とはいいがたく、結婚や出産で転職を考えざるを得ないケースも少なくありません。
また、女性の中には結婚後は家庭中心で働きたいと考えている人も多く、そのような職場への転職を希望する人もたくさんいます。

女性は結婚と出産のタイミングで、転職を考えるのが一般的ですが、このような場合、結婚や出産と転職のタイミングはどのように考えるべきでしょうか。

ベストな転職のタイミングとは?

転職のタイミングは、自分の生き方に対する価値観により変わります。
今の会社が残業が多い、シフト制で就業時間が不規則といった場合、結婚生活と仕事との両立がむずかしいと考える人も多いはず。

また出産、子育てがしやすい会社の場合は、そのまま働けますが、そのような環境が整っていない会社の場合は育児休暇や保育園の確保、幼稚園や小学校が終わった後の時間を子どもにどう過ごさせるのかなど、さまざまな問題が発生します。

会社員として働く限り、繁忙期などには残業が発生するのはやむを得ません。
残業が嫌だから派遣社員やバイトなど、非正規職員として働くという道を選ぶという人が多いのも、このためでしょう。

今働いている職場環境が、女性が働きやすい職場かどうか。また今後、職場環境の改善が進んでいきそうかどうかが、転職のタイミングのポイントになります。
このような活動に興味を示さない会社で働くよりも、なるべく早い時期に女性が働きやすい職場を探して転職することをおすすめします。

ただ、このように職場条件が良好な企業は、優秀な人材を求めているケースが多いのが現状です。
自分が転職先で即戦力となるだけの経験値があるかどうかを、客観的に判断することも大切です。

男性の転職タイミング

男性の場合、マイホーム購入で長期ローンを組む計画があるなら、あわてて転職しないことをおすすめします。
住宅ローンは高額の借金ですから、審査が厳しいからです。
審査では勤続年数も、重要な指標となります。
転職したばかりで勤続年数が少ない人よりも、転職前の勤続年数が長い人の方が審査に通りやすくなります。

マイホーム購入を考えている人は、住宅ローンを組んでから転職を考えましょう。
もちろん、今後も滞りなく住宅ローンが払えるよう、転職後の年収や福利厚生の住宅手当といった収入面も、きちんと考えておくことが重要です。