退職の意思を伝えるのはいつがベスト?

転職でまず行わなければいけないのが、今の会社に辞意を表明することでしょう。
退職の意思は、真っ先に直属の上司に伝えるのが礼儀です。
そしてこのときに伝えるタイミングを間違えると、スムーズに退職できない可能性があります。
退職の意思を伝える前に、辞めるまでのスケジュールを確認しておきましょう。

まず、上司に辞めること伝える前に今一度、本当に転職する以外に道はないのかをよく考えましょう。
例えば人間関係の軋轢が理由で辞めたいのであれば、あと数年我慢すればイヤな上司や同僚が退職したり、転勤したりする可能性はありませんか?
長い目で見てよくよく考えた結果、やはり退職しかないと覚悟を決めたら、辞めるまでのスケジュールを作りましょう。

いくらイヤな会社であっても、これまで働いてきた職場です。
苦労を分かち合ってきた同僚や先輩に迷惑をかけないためにも、立つ鳥はあとを残さずの精神で、円満退社を第一に考えましょう。

退職の意思を示すのは、退職する1か月~2か月前がベストですが、引き継ぎなどを考えると、2か月前に伝える事をおすすめします。

また、伝える時期が年度替わりなど、会社の繁忙期である場合は、仕事がやや落ち着いた時期を見計らって伝えましょう。
バタバタしているときに退職のような大切な話をもちかけても、じっくりと話を聞いてもらえないからです。

退職の意思を伝える方法

退職したいと伝えるときも、場当たり的に上司に伝えないようにして下さい。
「ご相談したいことがあるのですが、お手すきのときにお時間をいただけないでしょうか」と、まずはアポイントメントをとりましょう。
伝える相手は直属の上司です。
直属の上司が課長であるのに、その上を飛び越して部長に伝えるのはマナー違反です。
完全に課長の気分を害してしまいますから、くれぐれも注意してください。

そして辞めたい旨を伝えて、辞める時期や今後の引き継ぎなどについて指示を仰ぎましょう。
法律では、退社の意思を示してから2週間後に辞めてもいいとされていますが、ほとんどの会社では社員規定で意思を示してから1か月など時期が決められています。
また、社員規定が1か月であっても、プロジェクトが一段落する2か月後までは辞めないなど、職場の事情に臨機応変に合わせることも大切です。

その上で、今の会社で働きながら、どのように転職活動を進めていくかもスケジューリングしましょう。
転職サイトに登録して自分の代わりに転職先を探してもらうのか、土日などの休日を利用して情報収集を行うのか、そして最終的には何か月後には新しい会社で働き始めたいのかなどを計画して行動に移しましょう。